普段の生活でシミの元をなくす!?シミ予防の4つの秘訣

普段の生活でシミの元をなくす!?シミ予防の4つの秘訣

シミができてしまうと、なかなか消え少ないどころか下手するとますます濃くなったりして面倒ですね。

シミ対策には何と言っても一番効果的なのは、シミを作る前に予防することです。

そこで今回は、シミの予防の基本的な仕組みを正しく理解して、さらに生活でもできるシミの予防対策を紹介します。

ポイント1:シミのメカニズム

シミのできる理由は人により千差万別ですが、そのできる原因がシミ対策の鍵を握っていますので、メカニズムを見ておきましょう。

シミができるメカニズム

シミの生成は、皮膚の中でも深層にある基底層というところにあるメラノサイトで行われます。このメラニンは、シミを作る生産場で、メラニンによって分泌されたものがシミの原因となるメラニン色素です。
このメラノサイトは紫外線などの刺激を受けるとたちまち活性化します。
これはメラニン色素で肌のバリアを作り、紫外線などの刺激から肌を守ろうとする一種の防御反応です。
普通ならそのできてしまったメラニン色素は、約28日周期と言われる肌のターンオーバーで、いわゆる垢となって剥がれ落ちますが、このターンオーバーがうまく機能していないとシミとなって肌に残ってしまうのです。
これらの結果、紫外線などの刺激物質と本来なら垢として落ちるはずのターンオーバーの不調がシミの生成に関係していると言うことができます。

普段の生活にあるシミのきっかけ

シミのメカニズムが明らかになったら、次は刺激物質とは何か、そしてターンオーバーの不調はなぜかについて調べてみましょう。

メラノサイトを過剰に分泌させる原因
・紫外線(日光)
・ニキビや外傷
・誤った肌ケア
・睡眠不足や不規則な睡眠
・栄養の偏った食生活
・過度の飲酒
・喫煙
・激しい運動
などです。

続いてターンオーバーが乱れる原因はこれらです。
・紫外線
・乾燥
・睡眠不足や不規則な睡眠時間
・栄養の偏った食生活
・寝る前の暴飲暴食
・喫煙
・運動不足
・便秘

このように見ると、シミができる原因は紫外線などの外的物質だけでなく、日常の生活習慣の乱れまでもが含まれているのです。
シミの予防に重要なのは、シミを作らせず、また、できてしまったシミを落とすということを目標にこれらの原因を改善していくことです。

ポイント2:シミ予防の原理

シミ予防の最も身近な対策は紫外線対策です。紫外線はメラニン色素を作る大きな構成物です。
ここでは、紫外線対策を確実に行うために紫外線の仕組みを説明しています。

紫外線の仕組み

シミ予防のためにはUV‐A波とB波の違いについて知り、UV対策に必要な方法について見てみましょう。

UV-AとUV-Bは?

紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV- B)があります。

UV-Aは日常生活上で浴びる

紫外線の約90%を占めて日常生活で皮膚の真皮まで影響を及ぼします。ショッピングや洗濯物干し、くもりの日ですらガラス越しに受けるUV-A にはうんざりすることがあるでしょう。表皮を黒くする原因はこのUV-Aによる影響です。

UV-Bはレジャーで浴びる

表皮に痛みを感じるまで刺激を与えます。紫外線で皮膚が赤くなるサンバーンと呼ばれるのはUV-Bによるもので、また、メラニンを増加させる原因です。
シミ、しわ、皮膚癌などの慢性皮膚障害についてもUV‐Bの刺激のほうがが強いのですが、UV‐Aも皮膚の真皮にまで到達する有害性がありますから、どちらも侮ることはできません。

日焼け止め選び

紫外線予防などのUVケア商品が数多くありますが、UV-A、UV-Bを防ぐ強さを示した “SPF”、 “PA”という文字が記載されていますされています。

これらの数値の意味をきちんと理解して、状況に合わせた紫外線対策をできるようにしましょう。

場面ごとに適した日焼け止めを選ぶには

日常生活(ウォーキング、ショッピングなど)5〜20 +〜++

日焼け止めを選ぶときは、自分の肌のタイプに合ったものを、上記の生活シーン毎に選んでみましょう。たとえば、夏の晴れの海水浴場では、日焼止めを塗っていないと、色の白い肌で約20分、普通の皮膚では約25分、暗い肌では約30分で赤くなる日焼けを起こす違いがあります。

紫外線対策のここが重要

自分のシーンや自分の肌に適した日焼け止めを選ぶことができたとしても、その効果を実証できなければ意味がありません。
日焼け止めの効果をしっかりと感じることができない人が多いようですが、その理由として、日焼け止めを正しく使うことができないと考えられます。

日焼け止めを効果的に使用するために、

・十分に厚く塗る
・2〜3時間おきに振りかける
少なくともこれらの点は重要です。しかし、それを日々の生活の中で毎日行うのは難しいです。

したがって、日焼け止めのみに依存せず、日焼けを防止することは、スポット予防のために重要である。
この方法では、あなたの顔にパウダーファンデーションを塗るようにしてください
通常のパウダーファンデーションは、不均一に塗布すると、日焼け防止効果が十分に発揮される。
液体やクリームタイプのファンデーションでも紫外線をある程度カットできますが、顔料の密度から、フェイスベースの紫外線対策に効果的です。

ポイント3:シミを防ぐためのスキンケアの見直し

皮膚に使用されている化粧品が適切に使用されていない場合、効果は半分になるだけでなく、逆効果もあります。
スキンケアの際にパッティングやスクラブを強くすると、斑点の原因となる皮膚に刺激が生じ、不十分な水分などによる乾燥によりターンオーバーが妨げられます。
そこで、スキンケアの基本的で効果的な方法を紹介しますので、通常のケア方法を見直してください。

1.クレンジング

クレンジング中の摩擦刺激によって皮膚が傷つく可能性があるため、肌をこすらないように注意しましょう。すすぎ中でも手でこすらないでください。
すぐにたくさんのクレンジングを使用することで、あなたの肌への負担を軽減することができます。

2.洗顔

クレンジングとフェイシャルクレンジングにより、肌への負担が圧倒的に浄化されます。クレンジングを弱め、しっかりと顔を洗ってみましょう。
あなたの顔を洗う際に最も重要なことは、皮脂をしっかりと落とすことです。皮脂が残っていると、脂質過酸化物に変わり、斑点やそばかすが起こります。

3.ローション

あなたの手で静かに押すように、トナーはクレンジング後に皮膚に付着しています。両手で包み込むように押さえつけた後は、全体的に少し伸ばせば終わりです。
肌の表面に水分があっても、それはそのままです。こすると擦れて皮膚にダメージを与えることがあります。

4.保湿成分など

モイスチャライジングエッセンスなどは、手で押すのと同じように適用できますが、同じ方法で全面を塗るのではなく、乾燥の度合いに応じて部分的に鋭くする方が効果的です。
斑点やそばかすを防ぐためには、皮膚を乾燥させないことが重要ですので、塗装直後にちょっと置いたと思ったようにちょっと粘りがあります。
油性肌の皮脂が気になる方は、オイルが少ない保湿エッセンスを選んでみましょう。

ポイント:4美白化粧品でシミを防ぐ

定期的なスキンケアの効果を高めたい人には、化粧品を美白してスポット予防することをお勧めします。
美白化粧品は、皮膚が黒くなる原因となるメラニン生成を抑制する成分が多いため、スポットを形成する前にスポット防止として使用する方が効果的です。

気になる肌への刺激?

ハイドロキノンと言えば、その効果は高く、皮膚への刺激が関係する場所です。
「増幅則」では、マイクロカプセルをハイドロエンザイングすることで浸透力と速度をコントロールでき、ハイドロキノンは一度に皮膚に触れないので、皮膚への刺激も軽減されます。

試用品を購入する前に、初めての使用感や心配がある人には、贅沢なホワイトトライアルキットを試用することをお勧めします。

まとめ

あなたは、あなたの日常生活の中でスポットを防ぐことができる方法がたくさんあることを理解しているかもしれません。
基本的な紫外線対策のほかに、スキンケア、食べ物、運動、睡眠の工夫が少しでもスポット予防につながる可能性があります。
永遠に汚れのないきれいな肌を保つためには、スポット予防や生活習慣の基礎を吟味し、できる限りあなたの通常の生活にそれらを取り入れるようにしてください。