肌が生まれ変わる!ターンオーバーの改善でシミ対策

肌が生まれ変わる!ターンオーバーの改善でシミ対策

あなたのお肌のターンオーバーは大丈夫ですか?

みなさんは、私たちの肌は表面にある皮膚以外にも、実はいくつかの層によって形成されていることをご存知でしたか?

簡単にご説明すると、まず表皮の一番奥にある層のことを基底層と呼びます。この基底層はおもにケラチノサイトとメラノサイトから成り立っており、毛細血管から運ばれてきた栄養と酸素によって肌の細胞をつくる働きをしています。

この基底層でつくられた細胞が次に移動するのが、有棘層と呼ばれる層です。有棘層は皮膚の中で一番分厚く、細胞同士がデスモソームと呼ばれる細いひも状のものでつながりあっているのが特徴です。

そのほかにも、お肌のバリア機能をつくるプロフィラグリンが多く含まれる顆粒層や、約70%が水分で構成されている角質層があります。角質層の中には、水溶性物質の「天然保湿因子」が含まれ、私たちの体を外敵や乾燥から守る働きをしてくれます。

私たちの肌はこれらの層によって形成され、ターンオーバーと呼ばれるサイクルを繰り返すことで成り立っています

ターンオーバーとは、基底層と呼ばれる肌の深い部分の層でつくられた細胞が、角質層を越えて上がってくることで「肌」となり、その肌が垢となって剥がれまた新しい細胞がつくられるサイクルのことをいいます。

このターンオーバーは基本的にはおよそ6週間で1サイクルとなり、私たちの肌の生まれかわりをサポートしてくれているのです。

ターンオーバーで美肌復活!

ところで肌の悩みといえば、シミやシワといった症状があげられますが、このシミやシワはターンオーバーが乱れることによって起こる場合がほとんどです。

トラブルのない、みずみずしく美しいお肌を保つためには、ターンオーバーの周期が乱れないようにしないといけません。そこで今回は、ターンオーバーについて掘り下げて調査してみました。

ターンオーバーが乱れるとどうなるの?

ターンオーバーはよく、ひとつの細胞が層を越えるたびに成長し変化していく様子から、工場のベルトコンベヤーのようだと例えられることがあります。

肌が生まれてから死ぬまでのサイクルは、早すぎても遅すぎてもいけません。まさに工場にあるベルトコンベヤーのように、常に適切な速度を保つことが大切なのです。

ターンオーバーが早くなったり遅くなったりする原因は?

ストレスや不規則な生活が続くと、ホルモンバランスが乱れるということは有名です。

この状態が長期にわたって続くと、肌細胞がなかなか排出されなくなり、肌にとどまってしまうようになります。すると角質が厚く固まってしまい、くすみや乾燥を引き起こす原因となってしまうのです。

ストレスや不規則な生活が続くと、ホルモンバランスが乱れる

その反対に、細胞がきちんとした機能を身にまとう前に成長を繰り返すと、バリア機能をもたないまま表皮に到達し、炎症などを引き起こす原因をつくってしまいます。

紫外線や乾燥が原因で肌荒れが起こると、肌を修復するためにこういった短いサイクルでターンオーバーが行われてしまうのです。

ターンオーバーが乱れる原因とは?

1:加齢による新陳代謝の減退

みなさんは、年齢を重ねるにつれて傷あとがなかなか消えなくなってしまったという経験や、疲れがいつまでも抜けないといった経験はありませんか?

これらの症状は、新陳代謝が下がり、細胞が活発に成長しなくなることが原因で起こります。なんと10代のお肌と30代のお肌では、ターンオーバーの周期が2倍も違うと言われているのです。

そのため、肌ケア商品を使用した際にも、効果が目に見えて分かるようになるまでには時間がかかるようになります。年齢を重ねれば重ねるほど、肌ケアに焦りは禁物なのです。

2:睡眠不足に注意!

いつまでも若々しく美しいお肌でいるためには、毎日の睡眠の質を高めることが大切です。ターンオーバーのサイクルは、深い眠りの状態を示す「ノンレム睡眠」時に正常化します。

これは入眠から3~4時間経つと、成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が活発化することで起こるとされている現象です。

しかし、眠る前に長時間スマホを見てブルーライトの刺激を受けていると、せっかく長時間睡眠時間を確保したとしても、浅く質の悪い眠りとなってしまうので注意が必要です。

ターンオーバーを正常に保つためには、十分な睡眠時間の確保と良質な睡眠をとることが欠かせないのですね。

睡眠不足はお肌の敵

ターンオーバーを整えるための方法が知りたい!

それでは、ターンオーバーを整えるためにはどういった工夫をしたらよいのでしょうか?2つの有効な方法をご紹介します。

1:肌によいされている食事(栄養)をきちんと摂ろう

食事は1日に2回以上行う方が多いのではないでしょうか?生きていくためには、食事を摂ることが何よりも大切です。

毎日のことなので、つい面倒になってしまいがちですが、この食事の質を高めることで、ターンオーバーの周期を改善することは可能です。

以下に、肌によいとされている食べ物をまとめました。

まめ類

たんぱく質やミネラル、食物繊維が豊富。女性ホルモンを整える働きをもつ大豆イソフラボンを多く摂取できるのが強み。

・ごま
カルシウムや鉄・ビタミンEなどが豊富に含まれている

・こめ(白米以外)
玄米にはビタミンB群やミネラルがたっぷりと含まれているため、食べるなら白米よりも玄米のほうがオススメ

・海藻類(わかめ等)
ビタミンやミネラル・食物繊維をバランスよく摂取することができる。さらにはカルシウムやマグネシウム、βカロテンも豊富な食材である。

・緑黄色野菜
カルシウムやカリウム・食物繊維を摂取することができる。また美肌には欠かせないビタミン類も多く含んでいる。

・青魚
血液をサラサラにするDHAやEPAを多く含むことで有名。上質なたんぱく質が美肌づくりをサポートしてくれる。

・きのこ類(しいたけ・しめじ他)
免疫力を高める効果のあるβ-Dグルカンを多く含む食材。

・いも類
ビタミンCを含んでおり、加熱しても栄養が逃げにくいのが特徴。他にもカリウムやミネラルが豊富に含まれている。

・ヨーグルト
たんぱく質やカルシウムを沢山摂取することができ、さらにヨーグルトに含まれる乳酸菌は美肌にもよいとされている。

バランスの取れた食生活が大切

いかがでしたでしょうか?これらの食材を積極的に食事に取り入れていくことが重要です。さらに、ただ摂取するのではなく調理の方法にも気を付けるとなおよいです。

たとえば、水溶性のビタミンCやB2を多く含む野菜は、有効な成分がゆで汁によって流れ出してしまうのを防ぐためにも、茹でるよりも蒸す調理法がオススメです。

ほうれん草を例にあげると、3分茹でただけでなんとビタミンCが48%、ビタミンB1やB2はおよそ80%近くも減ってしまうのです。

蒸すという調理法は、油を使わずヘルシーなだけではなく、栄養素を逃さずきちんと摂取することが可能なありがたい調理法なのですね。

また、生で食べられる食材も、加熱したほうがより多くの栄養素を体に取り入れることができる場合もあります。

トマトに含まれているリコピンは、生の状態で食べるよりも加熱することで量が2~3倍に増え、さらに油と一緒に摂ることでより吸収率があがると言われています。

私たちが普段何気なく食べている、トマトソースを使った料理にも、栄養素をいかに体に多く吸収するかといった、昔から伝わる知識が多く含まれていたのですね。

茹でる・煮る・焼く・生のまま食べる。それぞれの食材に合った調理法を心がけ、1回の食事のなかで、できるだけ多くの栄養素を体に取り入れるようにしましょう。

2:ピーリングのやりすぎは逆効果?

ターンオーバーを整えるために、内側からケアする方法が食事であるとご紹介してきました。

その反対に、外側からターンオーバーを促進させる効果があるとされているのが、ピーリングと呼ばれる方法です。ピーリングという言葉は、最近流行っているので聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

肌の表面の皮を剥がすことで古い角質を取り除く方法として、欧米ではさかんに行われているスキンケアの方法です。最近は日本でも、さまざまな種類のピーリング用品が販売されていますよね。

しかし、ピーリングは肌に非常に負担がかかることでも有名です。もともと日本人の肌は、欧米人よりもきめ細かく形成されているため、ピーリングをやりすぎると逆効果となる場合もありますので、充分注意して行うことが大切です。

また、皮膚科でピーリングを行う際には治療費もかかりますので、あくまで対症療法として行うのがよいでしょう。

ターンオーバーを整えるためには、日々の睡眠や食事の質を高め、内側から改善していく努力が欠かせないのです。