顔や首のむくみを取りたい!美容と健康を維持するならリンパケアが効果的

顔や首のむくみを取りたい!美容と健康を維持するならリンパケアが効果的

リンパマッサージやリンパエステなど、美容のキーワードとしてよく登場する「リンパ」という言葉ですが、実際にどんなものなのかよく知らない、という方も多いのではないでしょうか?

リンパとは、リンパ液・リンパ管・リンパ節の3つが集まったものの総称なのですが、言葉だけではイメージがしにくいですよね。

ということで、まずはそれぞれがどのような働きをしているのか、詳しく紹介していきます。

3つのリンパ【リンパ液・リンパ管・リンパ節】

リンパ液のもとになっているのは、血液成分のひとつですが、リンパが血液や血管と決定的に異なっているのが、その流れ方です。

血液は心臓のポンプの働きによって全身へ流れていきますが、リンパ液は筋肉を動かすことによって流れていきます。そのため、運動不足などによって筋肉の動きが不足しているとリンパ液が流れず、リンパが滞ってしまうのです。

心臓のように流れを作ってくれるポンプの役割を持たないリンパは、「流れが悪くなりやすい」ということを認識することが大切です。

リンパ液とは

血管の中を流れる血液の成分の中で、血漿(けっしょう)と呼ばれる成分が血管外に染み出し、リンパ管の中へ再吸収されたもの

リンパ管とは

あらゆる部位に網目状に広がっているリンパ液の流れる管のこと

リンパ節とは

リンパ管が集まっている箇所のことで、体内約800カ所に存在しています

むくみの原因もリンパだった

リンパが滞ることで起こる現象のひとつが、顔や足などによくみられる「むくみ」です。

リンパ液は、体内の余分な水分や老廃物を回収し、リンパ管に乗って流れ、リンパ節で老廃物を取り除くという働きをしています。

そのため、リンパが滞ると老廃物などが留まってしまい、その部分がむくみとなって表れるのです。首や肩のコリも、リンパの滞りが原因のひとつとされています。

顔がよくむくんでしまう原因は、頭と身体をつなぐ首・肩のリンパが滞っていることで、顔の余分な水分や老廃物が流れていかず、顔に留まってしまうからなのです。

つまり、顔のむくみを解消するためには、顔だけをマッサージしても効果がなく、首や肩のリンパを流すことが必要なんですね。

肌トラブルを改善する=リンパを流す!

女性の悩みのひとつである、肌荒れやニキビなどの肌トラブルも、リンパとの関係が深いということをご存知ですか?

顔がむくんでいる=老廃物が留まっている状態は、肌の正常なターンオーバーの妨げになってしまいます。これでは、肌状態を改善しようとしても難しいです。

血行不良もターンオーバーが正常に働かない原因とされていますが、それだけではなく、リンパの滞りも大きく影響しているのです。

肌トラブルに悩んでいる方は、適度に筋肉を動かしましょう!溜まった老廃物を流して肌内部の状態をよくすることが、改善の第一歩ですよ。

夕方のむくみに効く!休憩時間に身体を動かそう

事務やデザイナーなど、デスクワークのお仕事をしていると、夕方には足がむくんでパンパンでつらい!ということはありませんか?これもリンパの滞りが原因です。

先ほどお伝えしたように、リンパ液は筋肉を動かさなければ流れていきません。

そのため、デスクワークなどで1日中同じ姿勢をしていて筋肉を動かさなかった場合、リンパが流れていかず、重力に従って老廃物や余分な水分が下の方に溜まってしまった結果、足がむくんでしまうのです。

血液ですら、ずっと同じ姿勢でいると、血液の流れが悪くなり血栓ができる、「エコノミー症候群」になってしまうことも。もともと流れる力が弱いリンパであれば、尚更です。

このようなつらいむくみを引き起こさないためには、休憩時間に身体を動かすことがおすすめです。ちょっとしたストレッチや体操など、その場でできるものでOKです。

適度に身体の筋肉を動かし、リンパの流れをよくすることで、むくみはもちろん、肩コリの改善にもつながります。

リンパの流れをよくすることで、肩コリの改善にも

顔と首のリンパを流そう!正しいリンパマッサージの方法とは?

手足と違い、普段意識して動かすことが少ない顔や首は、特にリンパが滞りやすい場所。

「表情筋や首のストレッチをしています!」という方は大丈夫ですが、「あまり動かせてないかも…」と思う方は、ぜひリンパマッサージをしてリンパを流してみてください!きっと効果が実感できますよ。

リンパマッサージをするおすすめのタイミングは?

リンパマッサージを行うタイミングは、体が温まり血行が良くなる、バスタイムの後がおすすめです。

フレグランスオイルを使ったり、好きな音楽を流したりと、リラックスできる空間でマッサージすると、より効果的です。いい香りに包まれてマッサージしていると、素敵な気分になれますよ。

ちなみにオイルを使うと滑りが良くなるので、肌へ負担をかけずにマッサージできます。

ラベンダーの香りは、リラックス効果があるので、どんな香りがいいか迷っている方は、使ってみてはいかがでしょうか。

フレグランスオイルを使ってリンパマッサージをしよう

では、次にマッサージの方法を紹介します。

リンパマッサージは「やさしく」がポイント

1.首のリンパマッサージ

最初は首からスタートし、顔のリンパが流れる道を作ります。人差し指、中指、薬指3本の指を耳の後ろのくぼみに置き、首の横側を鎖骨のくぼみへと滑らせます。

この時、強く力を入れるのではなく、指の重さを利用するくらいの優しいタッチで滑らすことがポイントです。これを左右いっしょに5回繰り返しましょう。

肩コリがひどい場合は、首の付け根から肩、二の腕の外側からひじまでを、同じようにマッサージを行うと、楽になりますよ。

首のリンパマッサージ

2.顔のリンパマッサージ

首のマッサージができたら、次は顔のマッサージに移ります。

首と同じく3本の指を使い、目頭から目の下を通ってこめかみへ、小鼻から頬骨の下を通ってこめかみへ、口角からこめかみへ、やさしく肌を上に持ち上げるようにマッサージ。これを3回繰り返しましょう。

顔は、他の部位よりも皮膚が薄いため、「肌をこする」ような強い力でのマッサージは厳禁です。特に目元はむやみにこすったりすると、シワになってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

マッサージが刺激になり、シミやくすみ、肌荒れの原因になってしまっては本末転倒!オイルやクリームを使って滑りを良くし、なるべく優しく肌に負担にならないようなマッサージを心がけましょう。

顔のリンパマッサージ

本当のリンパマッサージを体験するにはフェイシャルエステがおすすめ

ここまで紹介してきたリンパを流すセルフマッサージは、日常のケアとしてはとてもおすすめ。ただ、やっぱりプロの手でマッサージをしてもらうと、その効果は一目瞭然!

なかでも、プロの手技が特に実感できるのが、フェイシャルエステ。

外側からは見えないリンパ管やリンパ節をしっかりと把握した上でマッサージしてくれるので、むくみの解消や小顔効果を実感することができます。

早い方だと1度のリンパマッサージで効果が実感できたという口コミも!プロは専門知識と技術に基づいて、マッサージしてくれるので、やっぱり効果が違うんですね。

普段、自分でリンパマッサージをしていても、正しくできているのか自信が持てない、という人も多いのではないでしょうか?

本や動画で見るだけでは、実際の力の入れ方や角度なども分かりにくいことがありますよね。そんな人はぜひ一度、プロのリンパマッサージを体験してみてください。

プロのエステティシャンのリンパマッサージは、手の向きや力加減、使用するオイルや保湿液など、セルフケアにも活かせるワザや工夫がいっぱい。

日々のケアのためにも、フェイシャルエステを体験するのは、とても勉強になりますよ。美肌はもちろん、健康な身体を維持するためにも意識することが大切なリンパ。

様々な肌トラブルや身体の不調の原因となるリンパの滞りを改善して、健康的な美肌づくりを目指していきましょう。