肌のくすみの原因と対策・おすすめの改善方法

肌のくすみの原因と対策・おすすめの改善方法

「なんだかこの頃、お肌の透明感がなくなってきた気がする」「鏡を見るたびに、顔色がパッとしなくてゲンナリする」などとお悩みではありませんか?

これらの現象、すべて「肌のくすみ」に起因しているかも知れませんよ。

このにっくき「肌のくすみ」とは、一体何なのでしょう。

今回は、このくすみの正体と原因を明らかにし、有効な対策をご紹介させていただきます。ご自身に合った方法を取り入れて、肌のくすみの改善を目指しましょう。

肌のくすみの正体

多くの女性を悩ませるくすみですが、病気ではないため、医学的な定義は今のところ存在しないようです。

一方、日本化粧品工業連合会では、「くすみは血流の低下、肌の凹凸、メラニン色素の沈着などによって肌の明度が低下すること」と定義されています。

簡単に言うと、くすみとの正体は肌が暗くなること、です。

肌のくすみ5タイプ

肌のくすみは、その原因や症状によっていくつかのタイプに分けられます。

下記に代表的なものを5つ挙げましたので、ご自身の症状がどのタイプに当てはまるか、チェックしてみましょう。

くすみタイプをクリックすると、ページ内の対策方法へ飛ぶことができます。

1.メラニンによるくすみ

日焼けや炎症など、外からのダメージの影響による

2.血行不良によるくすみ

血行不良が原因で肌の明度が下がり、肌が青黒く見える

3.乾燥によるくすみ

肌が乾燥し、肌表面の角質がささくれ立つことで、肌に影ができ黒っぽく見える

4.肌の汚れによるくすみ

毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂、古い角質などが蓄積され、肌が黒ずんでいる

5.糖化によるくすみ

糖質の過剰摂取により肌が黄色っぽく見える

メラニンによるくすみの原因と対策

メラニンによるくすみの原因

日焼けや炎症といったダメージを受けると、肌のターンオーバーがスムーズに進まず、メラニンが大量に作られます。このメラニンこそが、くすみの元なのです。

例えば、お肌をたたく、強めにこするといった少し乱暴なお手入れを続けてしまうと、慢性的な炎症性色素沈着になることがあります。

美白化粧品(美白成分が含まれた化粧品)で、優しくお肌をケアしましょう。

美白化粧品でケア

いろいろな美白化粧品の中でも、メラニンによるくすみの改善を目指す方におすすめのなのが、ビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液です。

また、プラセンタエキス、トラネキサム酸、エラグ酸、コウジ酸といった成分が含まれる美白化粧品もおすすめです。

正しいスキンケア方法

お肌のお手入れの際は、出来るだけ優しくケアして下さい。

化粧水をパッティングしたいからとお肌にたたき込むのはいけません。

また、拭き取り化粧水や拭き取りクレンジングは、どうしてもお肌をこすってしまいがちなので、長期の使用は控えるのが賢明です。

正しいスキンケアの方法をご紹介いたします。

普段何気なく自分なりの方法でお手入れしているかと思いますが、ここでぜひ一度そのお手入れ方法を見直してみませんか。

1.クレンジング

クレンジングの際の刺激により知らず知らずのうちに肌を傷めてしまうことがあります。

クレンジング時は、最後のすすぎに至るまで、力を入れすぎず肌をこすらないように意識しましょう。

クレンジング剤を多めに使う、手早く終わらせるのがポイントです。

2.洗顔

肌の汚れを落とすことが目的の、クレンジングと洗顔。

肌への負担に焦点を当てて比べると、クレンジングの方が、かなり負担が大きいと言えます。

ですから、クレンジングはあっさり弱めに、洗顔はしっかりと行うと良いでしょう。

洗顔の目的は、何より肌の過剰な皮脂をしっかり落とすことにあります。肌に皮脂汚れが残ったままですと、やがて過酸化脂質に変化し、すなわちシミやそばかすの原因になります。

3.化粧水

化粧水は、洗顔後、肌にやさしく塗布しましょう。

両手で顔を包むように押さえた後、顔全体にスーッとと伸ばすだけでおしまいです。

たたき込む、すり込むなどは厳禁です。その摩擦によって肌が痛んでしまいます。

肌表面に水気が残っていても大丈夫、とにかくやりすぎは禁物と覚えておきましょう。

4.保湿美容液など

保湿美容液などは、化粧水と同様、手で押さえるようにつけ、顔全体に行きわたらせます。その後、乾燥の気になるところには、余分につけておくとより効果的でしょう。

肌を乾燥させないことは、くすみやシミ対策にとても重要ですから、ちょっとつけ過ぎたかなと思う、少しベタッとするくらいつけて丁度良いかも知れません。

血行不良によるくすみの対策

疲れが溜まったり、身体が冷えると、身体の血行が悪くなります。身体全体はもちろん、顔の血行も同様に悪くなりますので、その結果、顔が青くくすんだように見えてしまいます。

血行不良が原因のくすみに悩む方は、顔のマッサージをしてみましょう。

マッサージでケア

朝のメイク前や寝る前、いつものケアにプラスして、簡単なマッサージを取り入れましょう。

毎日続けて習慣化させることで血行が良くなり、くすみ改善にも繋がります。

くすみ肌を改善するマッサージ
①両方の手の平を、額の中央にあてる。

②スーッと息を吐きながら、額の皮をグッと引き上げる。

③外側に円を描くようにしながら、元の場所に戻る。

④①~③を3セット繰り返す。

血色を良くするマッサージ
② 両手の親指でこめかみをギュッと押す。

②こめかみを押したまま、口の開閉を10回繰り返す。

なお、マッサージをする際は、くれぐれもその摩擦で肌を傷めてしまわないように気をつけましょう。予防策として肌にクリームなどを塗ってマッサージすると良いですよ。

半身浴をする

半身浴は、ダイエットやデトックス効果のみならず、身体の冷えの改善にも効果的です。

半身浴のポイント
1.お湯はだいたい38~40度くらい、ややぬるいかなと感じる温度です。

2.冬場室温が低い時は、浴室内もあたためておきます。湯船のふたを開けてしばらく置いておくのが簡単です。

3.入浴の30分前に常温の水を1杯飲みましょう。

4.心臓にかからない程度、大体みぞおちあたりまで浸かりましょう。

5.入浴時間は20~30分間です。

30分以上浸かりたい時は、間に休憩をはさみながらにしましょう。

逆に、20分間も浸かっていられないという方は、ご自分にできる範囲で構いませんので、無理せずに続けて下さい。

乾燥によるくすみの原因と対策

乾燥によって肌表面の角質がささくれ立つと、顔に細かい凹凸が生じます。

すると、凹凸により影ができ、肌が黒っぽくくすんで見える原因となります。

この症状は、肌の乾燥だけではなく、寝不足などからくる肌荒れによっても起こります。

よくメイクしてから時間が経つと肌のくすみが気になってくるとおっしゃる方がいますが、まさしくこのタイプです。

乾燥くすみには、何をおいても保湿が大切です。セラミドやコラーゲンなどを用いて「潤いケア」をしましょう。

潤いケアの具体的な方法は?

潤いケアには、保湿効果の高い美容液やクリームを使用しましょう。

化粧水だけでは、保湿には足りないので、その上からこれらをしっかり塗り重ねます。

数ある美白化粧品の中でも「アスタリフト ホワイト」はこの潤いケアにおすすめです。

セラミドやコラーゲンが配合され、大変効果的です。

また、乾燥肌の方は、クレンジングや洗顔の際に、洗いすぎないように心掛けましょう。

肌のくすみの原因と対策まとめ

こうして見てきますと、一言で肌のくすみと言っても、その症状と原因・対策は様々です。

これまで、肌のくすみを改善したい一心でいろいろ試したのにくすみを改善できなかった、と諦めがちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、ご自身のくすみのタイプを把握できていなかったため、それに応じたケアができていなかったのかも知れません。

ご自身のくすみのタイプをしっかり確認して、それに応じた対策を講じることで、嘘のようにくすみを改善できる可能性があります。