シミを消すためにはハイドロキノン&トレチノインが効果的!?

シミを消すためにはハイドロキノン&トレチノインが効果的!?

黒く目立つようにできてしまったシミを消そうと、様々な化粧品を試してみる方は多いのではないでしょうか?

残念ながら、そこまで育ってしまっているシミを化粧品で消そうとしても、上手くいかないことのほうが多いものです。

さらにシミの状態が悪化すると、皮膚科でのレーザー治療も視野にいれて考える必要性が生じてきてしまうのです。

シミ対策に確実に効果があるとされている成分を使用すれば、シミを消すこともそんなに大変ではありません。

皆さんは、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という名前を聞いたことがありますでしょうか?

このどちらの成分も、長期にわたりシミへの治療に採用されている、シミ対策に確実に効果があるといわれている成分なのです。

一体どのようなメカニズムでシミ対策を行っているのでしょうか?

今回は、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という2つの成分がシミ対策に効果的な理由を、科学的根拠に対する内容も含めてご紹介いたします。

ハイドロキノンについて知りたい!

ハイドロキノンという成分は、別名ヒドロキノンともいい、本来の役割は写真を現像する際に使用する主薬として使う成分のことを指します。

ハイドロキノンには還元性があるといわれており、この還元性は非常に強いものだとされています。

還元性を簡単にご説明すると、電子(e-)を与えることで物質を還元させる働きのことを指します。詳しくは下記をご参照ください。

ハイドロキノンの還元性とは?

還元性と聞くと、学生時代に学校の理科の授業で耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

上記のように、元々は写真の現像用として使用されてきたハイドロキノンですが、現像しているときに現像する人の手が白く輝き美しくなったということから、美白効果があるとされています。

日本での知名度は最近上昇しつつあり、現在はあくまで調査中の新成分といったくくりのようですが、アメリカなどの国では古くから肌の美白に効果的な成分であるとされており、その存在は多くの人々に知れ渡っています。

2001年の薬事法改正以降、急速に日本国内でも知名度が高まっていったハイドロキノンですが、それ以前には医師の管理下でのみ使用されることが許可されている成分でした。

また、薬事法改正以前には、美白効果といった点で似たような成分をもつ「ハイドロキノンベンジルエーテル」という成分がよく使用されていましたが、こちらの成分は副作用が強いことで有名で、使用した方の中には肌の色素が完全に抜けて真っ白になってしまう白斑という症状に陥ってしまう方も多かったため、使用中止という措置がとられたということもありました。

ハイドロキノンは白斑リスク無し

成分名が酷似しているために、ハイドロキノンも白斑の恐れがあるのではないかという風評被害を受けたこともありましたが、ハイドロキノンには白斑のリスクはありませんのでご安心ください。

さて、そんな美白効果の期待できる成分として近年注目を浴びているハイドロキノンですが、美白に効果があるとされている成分は、他にも沢山ありますよね。

私たちが耳にすることの多い成分だと、ビタミンCやアルブチン、トラネキサムサム酸や最近流行のプラセンタといったところでしょうか。

これらの成分も美白を謳っていますが、ハイドロキノンとの違いはいったいどこにあるのでしょうか?

実は、これらの成分とハイドロキノンには、ある大きな違いが存在したのです。

基本的にハイドロキノン以外の、その他の美白に効果があるとされている成分は、シミを予防することが目的で使用される成分です。

そのため、既にメラニンが蓄積されてしまいシミとなってしまった部分に関しては、完全に取り除くことは不可能となっています。

あくまで、シミができてしまう原因となるメラニンを生成する働きをもつ、チロシナーゼを阻止することが本来の目的となるのです。

ハイドロキノンは、強い還元作用をもつ成分のため、他の美白効果がある成分とは対照的に、もう既に蓄積されてしまったメラニン自体を分解することができる成分なのです。

お肌の漂白剤といわれることも多いハイドロキノンは、まさにシミに悩む方向けの特効薬ともいえる存在なのです。

ハイドロキノンとトレチノインの特性比較表

ハイドロキノン トレチノイン
メカニズム メラノサイトを抑制 肌のターンオーバー促進
副作用 ◯通常使用では問題なしだが、日焼け対策は必要 一時的に肌がカサつく
美白力 短期間でシミが減る 短期間で肌のターンオーバーを促進
コスパ ◯通常の美白化粧品よりも割安 価格の割に高い効果が期待できる

ハイドロキノンに副作用はあるの?

シミが蓄積されてしまったお肌の救世主として、美白効果の高いハイドロキノンですが、それだけ強い成分ともなると、副作用が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

先ほどもお伝えしましたとおり、肌質自体に大きな変化が生じてしまうだとか、白斑という症状が出てしまうなどの重篤な副作用は報告されていませんが、塗ったところが腫れてしまったり、赤くなってしまうなどのケースはあるようです。

さらに、ハイドロキノンにとって紫外線は大敵です。場合によっては紫外線に対抗するためのメラニンがなくなってしまうこともあるので、皮膚がんの恐れもあります。ハイドロキノンを塗った際には、極力日差しを避けるようにするのがベターです。

しかし、ハイドロキノンと皮膚がんとの関係性は実証されているわけではありません。世界保健機構WHOやEUでも明確な答えは出ておりませんので、そこは誤解しないようにしましょう。

本来化粧品として使用されるハイドロキノンは、配合量が2%~4%ときわめて薄い濃度のため、そこまで重篤な副作用は生じないとされています。

現にハイドロキノンによる副作用が問題となっていれば、もう既に販売中止となっていてもおかしくはありませんので、過度に心配する必要はありません。

ただし、お肌との相性の問題もありますので、使用する前には必ずパッチテストを行い、赤く腫れたりピリピリとした刺激を感じることがないかどうかをご自身で確かめることが大切です。

世界各国でシミ対策に効果のある成分として有名なハイドロキノン。その驚くような効果と反比例し、副作用はほとんどないとされている安全性こそが、常に女性たちから支持されている所以なのかもしれませんね。

トレチノインってどんな成分?

ハイドロキノンと同様に近年美白効果が高いとされ注目を浴びているのが、「トレチノイン」という成分です。

トレチノインは別名をオールトランストレチノイン酸といい、肌への成分の浸透性を高める目的で改良された誘導体の役割を果たす成分です。

主にビタミンAの誘導体として知られているトレチノインですが、このビタミンAは美肌でいるためには非常に欠かせない成分とされています。

主な働きは角質層の保護や保湿力を高めることで、この成分が足りなくなると肌が乾燥を引き起こし、肌トラブルの原因となってしまいます。

トレチノインはアメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)の認定を受けた、正規のシミやニキビ治療薬として知られています。

日本ではまだ認可されていない成分ですので、美容クリニックや皮膚科などの専門機関で実費で購入することになります。その金額の相場は大体2万円前後とされており、残念ながら決して手軽に手に入る成分とまでは言えないのが現状です。

ポイント:トレチノインはターンオーバーに効果的

トレチノインを肌に塗布すると、どういった現象が起こるのでしょうか?

まず、トレチノインは肌の表皮部分の細胞を活性化させます。この部分が活性化すると、通常は1サイクルおよそ4週間といわれているターンオーバーが、なんと半分の2週間で行われることになります。

このターンオーバーの活性化によって、肌の表皮の深い部分にあるシミ(メラニンが蓄積されてできたもの)を押し出し、外に排出させることができます。

しかし、表皮よりも深い部分にある真皮にできてしまったシミまでは届かないため、この部分を押し出すためには、レーザー治療と並行して治療を行う必要性が生じます。

トレチノインに副作用はあるの?ハイドロキノンとの併用がオススメの理由

トレチノインは、一般的には単体で使用するよりもハイドロキノンと併用する使い方が好ましいです。

というのも、トレチノインは肌細胞が活性化する過程において、炎症などの副作用を引き起こす可能性が高いことで知られているため、単体での使用はあまりオススメではないのです。

肌の炎症が色素沈着の原因となってしまうのは、何としてでも避けたいところです。肌の美白効果よりも副作用のほうが勝ってしまっては、トレチノインを使用するメリットはなにもありませんよね。

炎症後色素沈着について詳しくお知りになりたい方は、下記をご覧ください。

関連記事:炎症後色素沈着とは

美容外科や皮膚科でのシミ治療の際には、「ハイドロキノン・トレチノイン療法」という名称で、ハイドロキノンとトレチノインを併用して使用することが一般的になりつつあります。

近年注目されているこれら2つの成分は、なぜ併用することが好ましいのでしょうか?

ハイドロキノン・トレチノイン療法のメリットとは

実はこの2つの成分は、美白効果を高めるといった点では同じなのですが、メラニン色素に対する働き方においては、異なる部分があります。この違いこそが併用する最大のメリットなのです。

ハイドロキノンはメラニンを蓄積しにくくする働きや、取り除く効果があります。一方トレチノインは肌に蓄積されたメラニンをターンオーバーの活発な促進によって排出させる働きをします。

ハイドロキノンの成分が浸透することのできない肌の奥の奥のほうに蓄積されているメラニン色素を、トレチノインが活性化させるターンオーバーによって押し出していくことで、ハイドロキノンの美白効果を高め、新しく美しい肌をどんどんと生成することが可能となるのです。

肌の奥のほうへ蓄積されている古い細胞を外へ押し出し、美白効果を上昇させると同時に、シミの原因となるメラニンを予防する。

この2つの働きが同時に行われることで、シミのない美しい肌を保つことができるのですね。

短時間での効果は期待できない?

ここまで、シミ対策に有効的な2つの成分をご紹介してきました。どちらも美肌力を高めるために絶大な効果を発揮する成分ですが、とはいえすぐに効果が目に見えてはっきり分かるのかといえば、そうではありません。

通常、「トレチノイン・ハイドロキノン治療法」での治療期間は、シミの状態や種類、どのくらいの面積に広がっているかによって差はありますが、およそ3ヶ月前後とされています。

トレチノインとハイドロキノンのメカニズム

2つの成分は肌への作用が強い成分ですので、この期間の中には、肌の炎症を鎮めるためのクールダウンと呼ばれる期間も含まれています。

肌のターンオーバーの期間は、一般的には28日前後といわれていますので、慌てずに2つの成分の効果を信じ、じっくりと治療していくことが大切です。

また、トレチノインは角質を?がしとる力が強いため、痛みや赤みが生じることが多いです。治療期間はこれらの炎症等により肌が乾燥しがちになりますので、肌への負担は通常よりも多くかかってしまいます。

もちろん治療を続けていくなかで炎症は治まりますが、いつもよりも念入りなUV対策や保湿ケアが必要となってきます。

そのため、「トレチノイン・ハイドロキノン治療法」を行う時期は秋から冬にかけてがよいとされています。この時期は汗もかきづらくなりますので、肌の炎症を最小限に抑えることができます。

最後に、今回ご紹介したハイドロキノンなどを含むおすすめの化粧品をご紹介しますので、ご自身のお肌の状態に適した商品を検討してみてください。

美肌効果の期待できるハイドロキノンとトレチノイン。これらの成分を上手に取り入れながら、いつまでも若々しくシミのない、美しい肌を目指していきましょう。